ニュース

プレスリリース

2017/08/30
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、船橋市にある本部の受付スペースをはじめ、フロアの一部を木質化しました。

 

パルシステム千葉では、4月5日(水)に「ウッドスタート宣言」(※)の調印式を行い、「くらしの中に木を取り入れ、木の持っている可能性を最大限に引き出し、子育て、子育ちに生かす」とする木育の取り組みを協力し合いながら進めていくことを宣言しました。

この一環として、働く職員のみならず、訪問いただく方にも木のぬくもりを感じていただけるよう、受付スペースをはじめ、打ち合わせスペースの机や応接室などの設備の一部を、千葉県産の山武杉を使用し木質化を行いました。

 

(※)「ウッドスタート宣言」とは、東京おもちゃ美術館(認定NPO芸術と遊び創造協会)が認定する制度で、森林資源を活用することで環境保全につなげたり、地域創生に結びつけること、子育て支援の一環としてくらしを豊かにすることを目指しています。

この宣言に伴い、パルシステム千葉では5名の職員が木育インストラクターの講座を受講し認定されています。また、職員に子どもが誕生した際、木のおもちゃと関連書籍をお祝い品として贈呈する取り組みも行っています。

 

今後は、各事業施設への導入や、保育で使用する木のおもちゃを増やしていくことも検討しています。

 

 

入り口 カウンターボードも山武杉を使用
入り口 カウンターボードも山武杉を使用
応接室
応接室

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織運営部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス http://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:23.4万人(2016年度末)  総事業高:296.9億円(2016年度末)