ニュース

お知らせ

2016/10/10
お知らせ

世界各地に異常気象をもたらしたエルニーニョ現象の影響で、過去数十年で最大規模の干ばつがアフリカを襲っています。

 

干ばつは、サハラ砂漠の周辺からアフリカ南部に至る多くの地域で、農作物や家畜に甚大な被害を与え、食糧価格を高騰させ、深刻な食糧危機を引き起こしています。

 

そして今、被害を受けた国々で、子どもたちの栄養状態が急速に悪化しています。日本生活協同組合連合会による教育支援の募金先であるアンゴラも干ばつの深刻な影響を受けています。

 

日本ユニセフ協会はアフリカの子どもたちを支援するため、栄養治療食の配布や、保健員への研修などの支援に全力を挙げていますが、未だ支援に必要な資金が確保できておりません。この状況を受けて、「アフリカ干ばつ緊急募金」の受付を開始いたしました。

 

一人でも多くの命を守れるように、ユニセフの支援活動にみなさまのご協力をお願いします。

 

 詳細は日本ユニセフ協会ホームページ「アフリカ干ばつ緊急募金」まで

 

 

お問合せ:日本ユニセフ協会
TEL:
0120-88-1052 (平日9時~18時) 
メール:webbokin@unicef.or.jp