ニュース

2017/03/10

厚生労働省の定める女性活躍推進法(※)に基づき一般事業主行動計画の提出が事業規模によって義務付けられています。

 

パルシステム千葉では第一期事業主行動計画(2016年4月1日~2019年3月31日)に基づいた目標設定と具体的な取り組み内容を以下の通り策定しました。

 

 計画期間:2016年4月1日~2019年3月31日の3年間

 

目 標

・正規職員全体に占める女性労働者の割合を現状の17.8%から20%まで引き上げます。

・女性の管理職・監督職(主任、副長、副主任、リーダー)の割合を現状の9%から15%まで引き上

げます。

 

取り組み

① 男女の労務構成比率を念頭に置きながら定期採用を継続的に実施する。

② アンケート等による男性職員・女性職員の管理・監督職に関する意識調査と研修ニーズの把握・分析を実施する。

③ キャリアデザインに関する研修企画・受講の促進

 

女性の活躍の現状に関する情報公表

全体に占める女性の管理職と監督職(主任、副長、副主任、リーダー)の割合:(10%)

                                 2017年3月10日現在

                                

         

 

2017年3月10日

   パルシステム千葉

人事教育部

 

 

(※)女性活躍推進法・・・・男女共同参画社会基本法の理念に則り女性の職業生活における活躍を迅速かつ重点的に推進し、豊かで活力ある社会を実現する目的で制定された法律です。