ニュース

プレスリリース

2015/03/19
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、「原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会」が呼びかける、『原発事故被害者の住宅・健康・保養支援の立法化と完全賠償の実現を求める請願署名』の取り組みに賛同し、組合員と共に署名に参加します。

 

 東京電力福島第一原発事故から4年が経過しましたが、原発事故被害者の救済が未だ充分にされないまま今日に至っています。パルシステム千葉では3月16日(月)より組合員に署名参加を呼びかけ、パルシステムグループ生協と連携して取り組みます。

 

原発事故被害者の住宅・健康・保養支援の立法化と完全賠償の実現を求める請願署名

【請願項目】
1.予防原則に基づき、原発事故被害者が幅広く健診を保障され、医療費の減免が受けられるよう「原発事故子ども・被災者支援法」第13条第2項第3項の具体化のための立法措置を求めます。

2.最低限、国際的な勧告に基づく公衆の被ばく限度である年1ミリシーベルトを遵守し、これを満たすまで賠償や支援の打ち切りなどにより帰還を強要しないことを求めます。

3.子どもたちが心身を回復することを目的とした保養を定期的に行えるように、国家制度の構築を求めます。

4.原発事故被害者が、避難先・移住先において生活再建ができるように、住宅支援措置の立法を求めます。
5.完全な損害賠償の実現およびADRの和解案受け入れの義務化を求めます。

 

詳細はこちらから

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス http://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:21.5万