ニュース

プレスリリース

2015/09/15
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(以下、パルシステム千葉)では、生協の事業を行う上で安全運転は最も基本となる業務と捉えており、日々職員の安全運転意識の向上を図っています。この度、事業所毎の安全運転の取り組みの集大成の場として、9月6日(日)に初の安全運転大会を開催しました。

 

大会内容は、日常業務を意識した運転実技の競技と学科テストを行い、審査員が各項目をチェックし点数化します。さらに7~8月の2ヶ月間の事業所毎の安全運転の状況もチェックし、加点対象としました。

最終的には7チーム及び21個人それぞれ上位3位までを表彰し、上位者より2名を全国生協安全運転大会に派遣します。

 

当日は、生協職員のみではなく、委託先会社社員や応援者も含め総勢120名が参加する大会となり、京葉自動車教習所のご協力のもと、各選手は緊張しながらも競技に集中する姿が見られました。

 

 

配送トラックでの実技
配送トラックでの実技
営業車での実技
営業車での実技
優勝杯の授与(キューブ館山&東金センターチ-ム)
優勝杯の授与(キューブ館山&東金センターチ-ム)
大会後、選手の集合写真
大会後、選手の集合写真