ニュース

プレスリリース

2016/08/30
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(以下、パルシステム千葉)では、生協の事業を行う上で安全運転は最も基本となる業務と捉えており、日々職員の安全運転意識の向上を図っています。この度、事業所毎の安全運転の取り組みの集大成の場として、昨年の開催に続き、今年も第2回目となる安全運転大会を開催します。生協職員のみではなく、委託先会社社員も含め総勢140名が参加する大会となります。

 

大会内容は、日常業務を意識した運転実技の競技と学科テストを行い、審査員によるチェックを経て点数化します。なお今回初めて、組合員お届け対応(模擬)も審査項目となりました。最終的にはチーム及び個人それぞれ上位3位までを表彰し、上位者より2名を全国生協安全運転大会に派遣します。

 

                       概 要

日時・会場 

◆9月4日(日)10時~15時 雨天決行

◆京葉自動車教習所/千葉市稲毛区長沼町341(パルシステム千葉 稲毛センター隣)

内 容

・各事業所からメンバーを選出し、9チームに分かれて競技します。

・「朝礼-出発-配送または営業-帰着」の1日の流れをイメージした競技内容とします。

・実技(法定走行、車両の正確な操作)、組合員模擬対応、学科テスト(事故現場の写真をもとにリスク回避の行動、法令知識テスト)を実施します。

・審査員によるチェックをもとに点数化し、上位チーム及び個人を表彰します。

 

主催

生活協同組合パルシステム千葉

昨年度の安全運転大会の様子
昨年度の安全運転大会の様子