ケア・アクシス「つれづれ日記」

2017/07/17

 近頃、萩町デイサービスではご利用されている方、職員ともに、楽器がブームになっています。
 デイサービスの館内にはギターやウクレレ、キーボード、オカリナ、ハンドベルなどがズラリ勢ぞろい。利用されている方の誕生日会では必ず職員がピアノやギターでハッピーバースデーを演奏し、皆さんと大合唱してお祝いをしています。
 その他に、歌を歌う時も大活躍。昔懐かしの歌を歌う時はギターが登場。演奏者である私の上達はあまり感じませんが、メロディーがあるだけで雰囲気がかなり変わり、皆さんの声も大きくなっていきます。
 ハンドベルでは皆さんがベルを持ち「むすんでひらいて♪」「ちょうちょう♪」を熱演します。練習中は、音がずれると大笑い。いざ本番では静まり返り、完奏すると拍手喝采。 音を鳴らすために集中することや、ベルを動かすことによる腕や肩の体操効果は、程よい運動になります。また声を出して歌うことは発声の練習や腹筋の運動など、様々なプラス効果をもたらします。
 音楽を通じて皆さんと心が一体になることはとても素敵だと感じています。今後もにぎやかな音楽活動を続けていきたいと思っています!

▲ハンドベルやギターで皆さん熱唱!! ライブさながらの音楽活動です。
▲ハンドベルやギターで皆さん熱唱!! ライブさながらの音楽活動です。

口腔内マッサージ

  口腔マッサージには、顔面のマッサージや顎の下のマッサージの他に、嚥下(物を飲み込む動作)のための口腔内マッサージがあります。
 手順は、舌ブラシや割り箸に濡らしたガーゼを巻いたものを準備します。巻いたガーゼを絞ってから冷凍庫で凍らせ、使用する際は軽く水につけてから舌の中央部をマッサージすると「ゴックン」と嚥下反射を促すことができます。
 この際、舌を強く圧迫すると迷走神経反射(血圧低下や脈拍の乱れが起きる症状)を引き起こす恐れがあるので、優しく行うのがポイントです。

 

萩町デイサービス

管理者 及川俊明