ニュース

お知らせ

2018/01/29
お知らせ

現在、転居等で所在確認ができないため、みなし自由脱退(※1)手続きの対象となる組合員が2,209名いらっしゃいます。

 

知り合いの組合員などお心当たりのある方は、住所登録変更をさせていただきますので、最寄りの事業所または本部までご連絡いただきますようお伝え願います。

 

 

1.みなし自由脱退の手続き/公告期間を過ぎても住所確認ができなかった組合員を、定款(※2)第10条第2項、第3項による脱退対象者とし、理事会の承認により脱退手続きを行います。手続きの結果は総代会へ報告を行います。

 

2.みなし自由脱退処理日/みなし自由脱退手続きを行う予定日は2018年3月末日となります。

 

3.対象からの除外/住所の確認ができた組合員は対象者から除外します。

 

(※1)みなし自由脱退・・・組合員からの住所変更届が2年間行われておらず、長期住所不明となっている場合、脱退の予告があったものとみなし、理事会の承認を受けて、当該事業年度の終わりをもって当該組合員の脱退手続きを行うこと。

 

(※2)定款・・・生活協同組合パルシステム千葉の目的・組織・活動などに関する根本規則。また、それを記載した書面。なお、2018年3月末日付でみなし自由脱退手続きを行った場合でも、後日住所が判明した場合はその時点で、みなし自由脱退手続きを行った時点の出資金額で再度組合員登録を行います。