ニュース

プレスリリース

2015/03/09
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、2014年度、県内の幼稚園や小学校、中学校などで、保護者や生徒を対象とした“家庭教育学級”および“出張授業”を10行政19箇所で開催しました。

いずれも「食」や「くらし」「環境」「ライフプラン」など、生活に密着したテーマで開催し、講師はパルシステム千葉の組合員が担当しました。

「食育」「環境」のテーマでは、「食品添加物と食品の選び方、子どもの食事作り」「石けん、重曹、クエン酸の使い方」などについて、講義、試食、実践演習などを通して楽しく伝えました。

また、「ライフプラン」をテーマとした「子どもの金銭教育」講座では、「子どものおこづかいはいつから?」という疑問に答えるところから始まり、子どもの成長に合わせて親ができることを、講義、グループトークで楽しく学びました。(開催一覧は別紙

パルシステム千葉は次年度以降も「地域の学び」に貢献し、子どもの心と体の健やかな成長を願いながら、家庭教育学級・出張授業の取組みを行う予定です。