ニュース

お知らせ

2018/07/23
お知らせ

ヒバクシャ国際署名は、「生きているうちに、何としても核兵器のない世界を実現したい」と、平均年齢80歳を超えた広島・長崎の被爆者が始めた署名活動です。
2017年には「核兵器禁止条約」が国連で採択され、核兵器廃絶への動きは加速しています。

しかし、条約に賛成した各国で批准が進まなければ発効できず、戦争被爆国である日本が条約に参加する意思を示していないなど、今後の取り組みが重要になります。

パルシステムは、核兵器のない世界を実現し、次世代につなげていくため、2018年度も引き続き署名活動を行います。ぜひ、ご協力をお願いします。

※寄せられた署名は、核兵器禁止条約について議論されている国連総会へ毎年提出します。

インターネットでの署名はこちらから
https://www.pal-system.co.jp/about/peace/?HE_h4_18082

 

こちらについてのお問合せは下記までお願いします。
TEL:0120-31-8686(月~金9時~17時)
FAX:043-307-1821
メール:palhiroba-chiba@pal.or.jp
組合員・コミュニティ活動推進部