パルグリーンファーム通信

2017/08/07

4月に植付けたみかんの木は、新芽を少しずつ成長させながら大きくなっています。第一関門の根の定着は無事に突破することができました。

次の関門は害虫です。一般的にみかんの木は虫がつきやすく、農薬を使わないと栽培できないと言われています。パルグリーンファームでは植付けた本数も少ないため、細かく管理して、野菜同様に農薬を使わない栽培を目指しています。

◆『害虫の勢いに驚きました!』◆
みかんの木につく害虫の種類はいくつかありますが、パルグリーンファームで暴れ出したのは『アゲハチョウの幼虫』です。葉を食べる勢いが凄まじく、短期間の枚数が激減することも。幼木にほぼ確実にいて、退治してもモグラたたきのように次から次へと出てきて、放置すれば幼木はすぐに丸坊主になります。
ほんの1種類の強敵(害虫)に驚愕していますが、何種類も、何匹も害虫が発生して、木も大きくなり、数百の木を管理していたら…と、『農薬』の存在について考えさせられる『みかん栽培』です。

大きく育ったみかんの木
大きく育ったみかんの木
食害で淋しい姿に…。
食害で淋しい姿に…。

新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集 

ブロッコリーのオイスターソース炒め

【材料】 

ブロッコリー 1株、牛モモ薄切り肉 300g、塩こしょう 少々、サラダ油 大さじ1、A(オイスターソース大さじ1と1/2、しょうゆ小さじ1弱、酒大さじ2、塩こしょう少々)

【作り方】

1. ブロッコリーは小房に分け、耐熱皿にラップをし、電子レンジ600Wで1分強加熱する。牛肉は食べやすい大きさに切り、塩・こしょうをする。

2. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、牛肉を炒める。軽く火が通ったらブロッコリーも炒め合わせ、Aで味付けして完成!