パルグリーンファーム通信

2017/10/09

パルグリーンファームは『野菜の生産、組合員交流、職員研修』を目的に2012年に設立されました。いずれの目的も少しずつですが、年々内容を向上させながら取り組んでいます。
今回は、そのひとつ『職員研修』についてご紹介します。

職員研修は2015年度から取り組みを開始し、今年度が3年目となります。2015、2016年度は月1回開催し、パルグリーンファームの畑に来たことがない職員を中心に、参加を募りました。実際に商品をお届けしている職員自ら、収穫から包装作業までの一連の出荷作業を行いました。

今年度は「パル・ファーマーズ」として、 “職員とともに農場を作っていく”ことをコンセプトに、毎週、出荷作業のみならず、生産に関わる手入れ作業や肥料散布、クワを使って畝を作るなど、農作業全般を一緒に行っています。研修を通して、パルシステム千葉の職員が直営農場を支え、作り上げ、作った野菜をお届けするという形を実践しています。
パルグリーンファームのスタッフとパルシステム千葉の職員の想いがこもった野菜をぜひ多くの組合員の皆さんに味わってほしいです!

研修の様子
研修の様子
パル・ファーマーが育っています!
パル・ファーマーが育っています!

パル・ファーマーズとは…

パルシステム千葉で働く職員全員が「パルグリーンファームの生産者の一人」という意識を持って農作業に携わろうと、2017年7月より「パル・ファーマーズ」がスタートしました。
毎週末、各事業所より職員が集まり、年間を通じてパルグリーンファームで一緒に作業しています!

*参加職員によるレポートをパルシステム千葉HP「パルグリーンファーム通信」(「パル・ファーマーズの活動報告」で公開しています。