開催イベントのご紹介

イベント概要

開催日程
9月26日(土)
14:00~17:30
会場
パルシステム千葉 船橋本部
会議室
会場住所
船橋市本町2-1-1 船橋スクエア21 (4F)
参加費
講演会:700円(18歳以下無料)
懇親会:500円
申込み〆切日
9月23日(水)
◆定員:60名(先着順)
※募集期間内でも定員に達し次第、申込み受け付けを終了させていただきます。
お問合せ
TEL:047-420-2600
FAX:047-420-2400
mail:yamaguchi-masumi@pal.or.jp
情報掲載日:2015年8月26日

東京の猛暑日の連続記録が観測史上最長となり、千葉市でも過去最高気温38.5℃を記録するなど、「異常気象」を実感させる夏となりました。
この異常気象は地球温暖化のなせる業なのでしょうか?そして、このまま温暖化が進行したらどうなるのでしょうか?
異常気象と温暖化問題の第一人者・江守正多さんをお招きして、素朴な疑問から最新の研究結果までお聞きしたいと思います。
ナショナルジオグラフィックが制作した地球温暖化のシミュレーション映画『+6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ』の上映会も行います。映像と講演で、地球温暖化について考えてみませんか?

 

【イベント詳細&スケジュール】
13:30~14:00 受付
14:00~15:10 映画上映
     「+6℃地球温暖化最悪のシナリオ」
              ナショナルジオグラフィック作
15:10~15:20 休憩
15:20~16:50 講演
     「地球温暖化リスクと人類の選択~IPCCの最新報告から~」
     講師:江守 正多 氏
16:50~17:20 取組み紹介
     「自然エネルギーを広めるネットワークちば」会員団体の取組み紹介
17:30~18:30 懇親会
     講師と一緒にみんなで語らいましょう。

 

◆講師紹介:江守 正多(えもり せいた)氏
1970年、神奈川県生まれ。
国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長。海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターグループリーダーおよび東京大学気候システム研究センター客員准教授を兼務。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル第5次評価報告書主執筆者。

◆映画上映:「+6℃地球温暖化最悪のシナリオ」ナショナルジオグラフィック
北極の氷が急速に解け、海面上昇による水没の危機にさらされる南の島もある。各地で森林火災が頻発し、巨大ハリケーンが都市を襲う。しかしこれらは、単なる前ぶれに過ぎないかもしれない。現在のペースで温暖化が進めば、最悪の場合、2100年までに地球の平均気温は6℃上昇するというのだ。その時、私たちの暮らしはどうなってしまうのか?気温が1℃上昇するごとのシミュレーションを映像化した映画です。

 

開催地MAP