イベントレポート

イベントレポート

2015/12/15レポート公開

開催日:2015年12月2日(水)
運営部(産直担当):花沢久子

12月2日(水)、新習志野公民館で「北海道えりも産日高昆布講習会~浜の母さん料理教室~」を行いました。当日は、北海道えりも漁協から千葉に来てくださった産地の皆さんに、美と健やかな心身を支えるソウルフード「昆布」について教えてもらいました。

会のスタートは、いつも漁に出る時の格好をした浜のお母さんたちによるサプライズ登場!約10mの昆布を持って登場し、参加者もびっくりです。大きいものでは10mを超えるという日高昆布。収穫するのも、浜辺で乾かすのもコツが必要だそうです。時期になると家族総出で浜辺へ出て昆布を採るそうで、本物の昆布を目の前に、お話に実感がわきました。

 学習会の後は、浜のお母さんによる料理教室。お正月に欠かせない昆布巻きを教わりました。浜のお母さんたちは明るく気さくで、お料理しながら、昆布をおいしく食べる秘訣をたくさん教えてくれました。その1つが「昆布の切れ端をしょう油さしに入れておく」こと。一晩でおいしい昆布しょう油になるそうです!

昼食は昆布の炊き込みごはん、昆布のきんぴら、昆布のなます、きざみ昆布のカニ入り幸せ味噌汁まで!参加者の顔もほころぶメニューばかり。浜のお母さんの笑顔のおかげで、とても和やかで楽しい学習会となりました。

 

イベント概要

開催日程
12月2日(水)10:30~14:00(予定)
会場
新習志野公民館 2階調理室
会場住所
習志野市秋津3-6-3
参加費
無料(昼食付き)
申込み〆切日
11月23日(月・祝)
お問合せ
TEL:047-420-2605
FAX:047-420-2400
メール:palchiba-kikaku@pal.or.jp
運営部(産直担当)
情報掲載日:2015年11月2日

和食が世界無形文化遺産に登録され、その良さが日々の生活の中でも見直されています。和食に欠かせない「だし文化」、そして「だし文化」に欠かすことができないのが昆布です。北海道から“浜の母さん(えりも漁協女性部)”を招いて、新鮮な北海道産昆布を使ったご当地ならではの料理を紹介します。皆さんで楽しく交流しましょう!

 

◆講師:㈱ぎょれん北光 えりも漁業協同組合 女性部
◆定員:20人
◆保 育:5名
◆保育料:お一人につき500円(チーパス提示で200円)
  ※応募多数の場合は抽選となります。

開催地MAP