イベントレポート

イベントレポート

2016/12/30レポート公開

1月20日(金)から22日(日)にパルシステム福島の組合員親子12組(大人17名、子ども23名)を招いて「おもいっきり千葉南房のひと足早い春を感じよう!」保養プログラムを開催しました。

 

パルシステム千葉は、東日本大震災の原発事故により生活が一変させられた子ども達に、外でおもいっきり体を動かして遊んでもらい、そして保護者の方々にもゆっくりと日頃の疲れを癒してリフレッシュして欲しいとの想いで、年2回ほど福島保養プログラムを企画しています。

 

今回は初日にマザー牧場へ行き、最終日は館山でいちご狩りと花摘みとひと足早い房総の春を楽しんでいただきました。

 

2日目の懇親会では前日からの強行スケジュールのなか、子ども達は元気いっぱいで、夕食では仲良くなった友達同士で交流の時間を楽しんでいました。参加したお母さん同士も気兼ねなくお話できたようです。

また、宿泊先は目の前が海でしたので、早朝から房総の海辺を散歩する元気な子ども達もたくさんいました。

 

震災から6年が過ぎようとしているなか、世の中ではこのような取り組みが減ってきています。参加者からは「この保養企画を続けてもらい感謝しています。今後も続けていただけたら嬉しいです。また千葉を訪れたいです。」との声をいただきました。

 

この福島保養プログラムの企画には組合員の皆さんからのカンパも活用させていただいています。今後もご協力をお願いいたします。

 

理事 川井美佐代

 

 

イベント概要

情報掲載日:2017年3月1日