開催イベントのご紹介

イベント概要

開催日程
2019年2月16日(土)
会場
集合・解散:千葉駅周辺
参加費
大人:2,500円
子ども:1,500円(高校生まで)
※資料代、昼食、いちご狩り代金含む
※代金の一部を平和活動募金(※注)から補填しています。
「平和活動募金」は、パルシステム千葉で実施する「組合員やその子ども」を対象とした「反戦」「反貧困」「国際交流」の運営費用として活用します。募金は毎年実施し、募金額および使途は組合員へ報告していきます。
申込み〆切日
2019年1月7日(月)17:00
お問合せ
TEL:0120-31-8686
FAX:043-307-1821
メール:palhiroba-chiba@pal.or.jp
/組合員・コミュニティ活動推進部 
いますぐ申し込む
情報掲載日:2018年12月3日

赤山地下壕、ハングル四面石碑をめぐり戦争について学び、また『道々での花』や『いちご狩り』を通じ今の平和について考えてみませんか?

♪いちご狩りもあります♪

●花の種を守った人々●

早春になると千葉県南部の南房総では、菜の花、キンセンカ、百日草、金魚草、ストック、水仙など、色あざやかな花畑が広がります。けれども戦争のときには花禁止令が出され、花の苗を引き抜き、種や球根を捨てるよう命じられました。美しい花畑にも、戦争の悲しみを乗りこえてきた歴史があるのです。~中略~そんななか、リンさんは、どうしても命令に従うことができません。掘り出した水仙の球根を捨てるふりをして、人目につかない山奥の杉林にこっそりとかくしました。それが精いっぱいの抵抗だったのです。~中略~「花は口で食べることはできないけれど、口で食べるものだけが食べ物ではないの。心で食べるものがなくなってしまったら、心は生きてゆけなくなってしまうのよ」いつもリンさんが言っていたことばです。武さんは、花が作れなくなるような戦争は二度とあってはならないという願いをこめて、「花は心の食べ物です」と印刷したダンボール箱で、花を出荷するようになりました。

<抜粋>

『おはなし千葉の歴史』千葉県歴史教育者協議会

———————————————————————————————

◆行程:
 8:30千葉駅出発
 10:30赤山地下壕見学
 11:30座学と昼食
 13:20四面塔(磯料理館山お土産購入)
 14:15いちご狩り(館山いちご狩りセンター)帰路

◆定員:40名(小学生以上対象の企画となります)
   ※申込み多数の場合は抽選(全員に当落通知)

———————————————————————————————

この企画はパルシステム千葉で受付後、所定の旅行会社より、
申込み手続きのご案内をいたします。

◆イベント企画:生活協同組合パルシステム千葉
◆旅行企画・実施:農協観光首都圏支店