イベントレポート

イベントレポート

2016/11/10レポート公開

子どもの虐待や暴行事件などが報道される度、「どうしたらこんな悲惨な、理不尽なこ

とを無くせるのか。」そんな思いを組合員の皆さんも持たれるのではないでしょうか?

私たちの周りには、困難を抱える子どもも少なくありません。

 

「私にも何か出来ることはないか?」そんな思いを持った市民の緩やかなネットワーク

を構築するために『NPO法人 ちばこどもおうえんだん』※が設立されました。コミュニ

ティ生協※を宣言するパルシステム千葉は、運営会員になっています。

 

その事業の1つに、千葉市里親制度推進事業(千葉市委託事業)があります。私は実行

委員会のメンバーとして、助け合いの活動を重ねてきた生協の立場から、千葉市への政策

提言、市民への啓発事業の企画・運営を行っています。

 

さまざまな理由で親と暮らすことができない子どもたちが、より家庭的な環境の中で暮らす

ことが出来るよう、行政との協働により里親を増やすことを進めると同時に、市民への里

親制度の理解を広げ、里親と里子の暮らしを応援します。

 

今回の里親制度推進シンポジウムでは、千葉市行政担当からの現況報告、淑徳大学柏女

霊峰先生による講演、また静岡県の里親である岩崎真知子さん(バルセロナ五輪金メダリスト

岩崎恭子さんのお母様)を招き、里親家庭での子育てや生活についてのフリートークがあり

ました。

参加者からは「実際に里親さんの話を聞けて、里親に対するハードルが下がった。」「里

親制度の認知度を高め、一般市民の理解が深まることを願います。」などの声がありまし

た。

今後も、里親入門講座やシンポジウム、パネル展示などがありますので、皆さんもぜひ

ご参加ください。こどもをおうえんする地域づくりを広げていきましょう!

 

理事 高橋由美子

 

※ちばこどもおうえんだんホームページ http://kodomo-ouendan.com/

※コミュニティ生協  「生活協同組合」は組合員によるメンバーシップの組織です。し

かし、くらしの中で生じるさまざまな課題を解決するには、地域との協同が不可欠です。

『組合員や地域の人々と力を合わせながら暮らしやすい地域をつくり、組合員一人ひとり

の豊かなくらしを実現する生協』をめざし、パルシステム千葉は2003年度に「コミュニ

ティ生協宣言」をしました。

千葉市児童相談所 山口課長
 静岡県里親 岩崎真知子氏
5/28NPOちばこども応援団第1回総会① 役員紹介
②千葉市熊谷市長も交えてのパネルディスカッション

イベント概要

情報掲載日:2016年11月10日